marisa-howenstine-Cq9slNxV8YU-unsplash.j

​幼児教育関連

HSC(Highly Sensitive Child)と幼児教育

​発語や身体の発達には個人差はあるものの平均的な傾向があり、そこから子どもの成長の課題が見えてくる側面があります。

「集団になじまない」「園に行き渋る」「自宅では話すのに園ではしゃべらない」「イベントに参加するのを嫌がる」等、表現の仕方は様々ですが、言葉で感覚を表現するのが難しい​年齢においてHSC(Highly Sensitive Child)の見極めは困難なケースが多いのが事実です。

また、こだわりやコミュニケーションの見た目の現れ方が発達障害によるそれらの特徴と似ている場合、誤解につながることも想像は容易です。

しかしながら、施設の先生や保護者の方々にHSPに関する理解をもって頂くことで、子どもへの誤った対処を防ぐことが可能となると考えます。