IMG_7792.jpg

PAKCHI WORLD

代表 有以子(Yuiko)

 

1980年 東京都町田市生まれ

国際基督教大学高等学校卒業

早稲田大学第二文学部表現芸術系専修卒業

幼いころから音を聴くと色とつなげて解釈する

「共感覚」を持つ。

2008年から2012年まで、タイに移住。

ジャズ・ボーカリストとして活動。

HSP(Highly Sensitive Person)の人がその概念に出会った心をつづった音楽動画

「繊細なアヒルの子~The Sensitive Duckling」

を作詞・作曲・演奏を担当。

​自身もHSS型HSP。

​幼いころから、ある体感がありました。
自分の身体は「着ぐるみ」でおおわれていて、お腹の内側の方に「まるい玉」みたいなものがあるという感覚です。


心理学やコーチングに触れるにつけ、この「着ぐるみ」と「まるい玉」というのが、「顕在意識(社会的な自分)」と、「潜在意識(持って生まれたありのままの自分)」であることを理解しました。

まるい玉」はとてもデリケートですが、同時に自分の正直な心の声そのものです。「着ぐるみ」は社会との橋渡しとして、自分を守る役割もありましたが、ときおり勘違いして本当は望まない判断をしてしまうことがあります。
そうなると「着ぐるみ」と「まるい玉」が別々の方向を向いてしまうことになります。
「生きづらさ」とはそういう状態のことをいいます。


逆に言うと「着ぐるみ」と「まるい玉」が同じ方向に向かったとき、人生はとたんに彩りを帯びて豊かなものへと変わります。

「パクチーワールド」の「パクチー」は私が住んでいた大好きな国、タイにゆかりの深い、個性的な香りがするハーブです。

みんな生まれながらにして「まるい玉」の中に、パクチーのような独特のクセを持っていると思います。
そして、それこそがその人の強みであり魅力となると思うのです。

「PAKCHI WORLD(パクチーワールド)」は、自分の内側の「まるい玉」がどんな望みをもっているのかを一緒に見つめたり、伝えたり、感じたりすることのきっかけの世界です。


正解もない。間違いもない。
安心安全で、自分のありのままとつながるためのやさしい場です。


あなたの心の中のパクチーは、どんなユニークな香りがしますか?

 
緑 グラデーション 丸 気候変動 Facebookのプロフィールフレーム.png